M+Arc Light Edition 簡単圧縮・連続解凍 M+Arc Light Edition
M+Arc Light Edition
インストール
【作成 方法】 自己解凍書庫ですのでそのまま実行してください。

【インストールのしかた】
・自己解凍書庫ですのでそのまま実行してください。
・解凍が完了するとデスクトップ、「送る」にショートカットを作成するか
 確認が表示されますので作成の有無を選択して下さい。
※ショートカットは後からM+ArcLEの設定で作成、削除が可能です。

・アーカイブ内のファイル構成は以下の通りです。
  Marcle.exe  実行形式 (Win32)
  Marcle.txt  テキストファイル
 Marcle.hlp ヘルプファイル
 Marcle.cnt ヘルプ目次ファイル

・上記ファイル以外に別途アーカイバDLLが必要です。
 必要なアーカイバDLL
 UNLHA32.DLL(LZH), UNZIP32.DLL(ZIP), CAB32.DLL(CAB), UNARJ32J.DLL(ARJ)
 TAR32.DLL(TAR,Z,GZ,TGZ,TAZ), BZ2LIB.DLL(BZ2), UNRAR32.DLL(RAR)

 ※UNLHA32.DLLは必ず必要です。UNLHA32.DLL以外は解凍できる書庫の種類を
  ふやす場合に必要です。
【アーカイバDLL】
書庫ファイルの圧縮、解凍時に必要になる各種アーカイバDLLは以下で入手できます。
統合アーカイバプロジェクト http://wakusei.cplaza.ne.jp/archiver/

ヒストリー
1999/12/14 Ver1.00 初UP

1999/12/19 Ver1.02
・書庫ファイルを含むフォルダをドロップしても解凍できるようにしました。
 (サブフォルダ内は無視されます。)
・解凍時のメッセージ表示をやめました。

1999/12/29 Ver1.06
・ファイル圧縮に対応しました。ドラッグ&ドロップで圧縮できます。
・ディレクトリ付き圧縮をできるようにしました。
・ドロップされたフォルダにあるサブフォルダ内ファイルもチェックするよう
 にしました。
・実行時アーカイバDLLの有無をチェックするようにしました。

1999/12/31 Ver1.07
・ファイル圧縮時にファイル名が『新規書庫』のままで作成されていたバグを
 修正。

2000/07/01 Ver2.00
・コードの全面的な書き直し。
・ファイル圧縮時にパスによっては圧縮できない不具合を修正。
・自己解凍書庫の作成に対応しました。
・ヘルプファイルをつけました。
・解凍できる書庫の種類を増やしました。
・アイコンを変更しました。

2000/10/22 Ver2.10
・各種設定をタブで分けました。
・ファイル圧縮時にドロップしたファイル名を作成書庫名に参照できるように
 しました。
・ファイル圧縮時に一時変更できる項目を増やしました。
・自己解凍書庫の作成時に、自己解凍書庫設定ダイアログの表示有無を選択で
 きるようにしました。
・書庫ファイル解凍時に解凍先を開く設定をつけました(連続解凍時は無効)

その他
使用上の注意事項
・多量のファイルをドロップした時にエラーが発生することがあります。
 そのときは、一つ上のフォルダ(ドロップしたいファイルが含まれている)
 をドロップして下さい。(Windowsの制限によるものです)
・自己解凍書庫を作成時に処理が途中で中断してしまった場合、作業ファイル
 が M+ArcLEがインストールされているフォルダ内のtempフォルダに残っ
 てしまうことがあります。その時は手動で削除して下さい。